大家が敷地内という物件で…

閲覧数:1,938 ビュー 文字数:1702 いいね数:0 0件

30代、派遣社員の女です。

3年ほど前から彼氏と同棲をしているのですが、その物件について悩まされた経験を書きます。

二人とも都内勤務なので通勤の利便性は重視しながらも、入籍も前提に考えていたので家賃もおさえめな、長く静かに暮らせる物件を探していました。

3年前に見つけた最初の物件は、二人の希望の駅から徒歩10分程度で商店街なども近く、木造アパートなのですが築浅で内装もまだ綺麗で2DKの使い易い間取り、家賃もその辺りで言うところの相場より少し安い位、などと好条件だったので内見してすぐに気に入りました。

ただ1点、不動産業者から、「同じ敷地内に大家さんの家があります」と言われたのですが、大家さんの家と私達の家の間に大きめの庭があり、不動産業者からも「あまり干渉の少ない方ですよ」と言われたので、「大家が敷地内」という物件は初めてだったものの、特に気にせず即決しました。

その後引越しの挨拶に菓子折りを持って伺った際も確かに「あ、はい、どうも」という感じのそっけないやりとりがあり、その後玄関の前などで会ってこちらから挨拶しても表情も変えず軽く会釈を返してくれる程度だったので、面倒こそないものの、随分「都会的」な印象だね、なんて彼と話していました。

そして住み始めて一ヶ月も経たない位の頃のある晩、深夜に大家さんのリビング(私たちは角部屋だったので、庭を挟んだところに大家さんのリビングがある形でした)から、もの凄い激しい喧嘩の音が聞こえてきました。

どうやら大家さんのご夫婦が喧嘩しているようで、物が割れる音、旦那さんの怒号、奥さんが泣き叫ぶ声なんかも尋常じゃない大きさで聞こえてくるのでびっくりして、通報とかしたほうがいいの?という感じで私も彼も気が気じゃありませんでした。

その後喧嘩の音は少し落ち着いたものの、旦那さんは酒に酔っているのか、ろれつの回らないような口調でだらだらと、大声で文句をいい続けていたので私達の部屋まで声が響いて眠れませんでした。

その後も大体1~2週間位の周期で同じような晩が数回続きました。

いつも平日の深夜なのでさすがに私達も困ってしまい不動産業者に相談しました。

その後、不動産業者がどういった言い方で大家さんに言ってくれたのかわからないのですが、
大家さんにばったり会って会釈しても無視され、結局またその1ヶ月後くらいから、怒号こそ飛び交わなくなったもののドスン!バタン!などと大きな物音とともに奥さんの泣く声が聞こえてくる、という様な事が数回続きました。
もう私達の我慢も限界になり、他へ引っ越す事を決意しました。

まだ半年も住んでいなかったので、敷金を返却してもらう際などに気を使ってもらえるかと思い一応、不動産業者には「例の件が結局おさまらなかったので…」と伝えたのですが、逆に大家さんが機嫌を損ねたのか難癖をつけられて敷金も殆ど返ってこないという散々な結果になり(私は不動産業者にゴネたんですが彼がもう嫌だ、と諦めてしまいました)、次の物件は絶対近隣の人も見てから決めようね、と言っていました。

同じ駅の逆の出口方面(以前の大家さんに会いたくなかったので)で物件を探し、ようやく今の物件を好条件で見つけました。

今の家は間取りと家賃がとても好条件で、でも大家さんが2F住まい、私達が1F住まい、という元二世帯住宅造りの物件なのではじめは躊躇したのですが、大家さんは一人暮らしの、品があってほがらかな老女で、息子さんご一家が海外転勤になり1Fを貸し出したという事で、内見の際に「孫も来ないしひとり静かに暮らしてますわよ、何かあったらいつでも言ってくださいね」と、明るく言って下さったので、安心して決め、結果とても良かったです。

設備などの修繕にも向こうから気を回して聞いてくれたり、かといって干渉という程もないとてもいい関係です。

やっぱりいくら都会でも近隣の人や大家さんとは、最低限コミュニケーションがとれる関係のほうがいいのだな、とつくづく思います。