人間関係を止めても人生には影響なんかない

閲覧数:23 ビュー 文字数:2653 いいね数:0 0件

フリーな人生さん(51才 男性 沖縄県 自営業)から投稿いただいた「お悩み解決体験談」です。

フリーな人生さんは学生時代から人間関係で悩み続けていました。

コミュ障ではなかったものの、プライベートで親交を深めていくのが苦手なために、友達関係が長続きしない日々を送っていました。

社会人になったフリーな人生さんは、その原因が本音をはっきり言えないことだと気がつきます。

自分のために人に付き合わせてしまうのはなんだか申し訳ない…そんな風に悩んでしまっていたのです。

そんな彼も、社会人生活を通してとあることに気が付きます。

そうして人間関係に関しての考え方が大きく変わったのです。

そんなフリーな人生さんが人間関係がなくたって平気だと気づけた理由は体験談で明らかになります。

同じようなお悩みを抱えている方は要チェックですよ。


私は学生時代から人間関係に悩まされてきました。

人間関係にも色々ありますが、私が悩み続けていたのはプライベートでの友人関係の構築です。

といっても、私は人見知りするような性格ではないので、いわゆるコミュ障というわけではありません。

だから人と知り合いにはすぐなるんですが、関係が長続きしないのです。

人間関係が長続きしない理由

この原因は昔はよくわからなかったのですが、社会人になって色々な経験をしていく内にようやくわかってきました。

友人関係が長続きしない原因は、私の「本音を言えない性格」にありました。

友人に嫌われるのが怖くて、どうしても本音を言えず友人に合わせてしまうのです。

この事がわからなかった頃は、友人と出かけたり遊んだりしている時になぜかいつも居心地の悪さを感じていました。

友人と一緒に遊んで楽しいはずの時間が、どうしても心から楽しいと思えないのです。

そしていつも結局私の方から遠ざかって関係が終わるということを繰り返していました。

人といるのは楽しいのに相手に付き合わせるのは申し訳ない…

この傾向は複数人と一緒に団体行動している時に顕著に現われました。

例えば友人数人と一緒に買い物に行った時、友人の買い物に付き合っている時は楽しいと感じているのに、私の買い物に付き合ってもらう時になると友人に対して「私に付き合ってもらうなんて、何か申し訳ない」という感覚になって急にテンションが下がるんです。

また、同じく友人達と一緒に飲んでいる時などに話の流れで同意を求められることがあると、本心では嫌だと思っていても嫌だとはなかなか言えず同調していることが多かったです。

いつも自分の気持ちに嘘をついて友人に合わせて素の自分を曝け出せず、楽しむどころか逆にストレスを溜めていたわけです。

つまりこの事が友人関係が長続きしない原因だったというわけです。

素の自分をさらけ出せないストレスからフリーランスに

こういう事が長年続き、社会人になっても職場での人間関係もあまり上手くいかないことが続いたある時、会社員を辞めてフリーランスとして独立しました。

仕事内容はパソコンを使ったウェブ制作でした。

フリーランスとして独立すると、パソコン一つで自宅で仕事ができるため、職場に行く必要も煩わしい人間関係もなくなりました。

すると、当たり前ですが今まで長年ずっと悩み続けていた人間関係のストレスが一気に激減し、ものすごく開放的な気分になったのを覚えています。

人間関係は必須でないと気がついた

そうしてパソコン1つで仕事をやっていったある時、ハッと気がついたのです。

あれ?

人間関係は別になくても生きていけるんだということに。

小さな時からずっと、一人では生きていけないとか人間関係は大事だというような事は親や先生や色んな人が散々言い尽くされてきましたが、人間関係はなくてもいいという話は誰からも聞いたことがありません。

でも、実体験としてハッキリ悟ったのです。

特に人間関係はなくても人生には対して影響がないということを。

無理に人に合わせる必要がなくなると嫌な人とは付き合う必要もないので、いちいち自分を偽って人に合わせる必要もなくなってきます。

そう考えると不思議なもので、妙に自分に自信が湧いてきました。

自分に嘘をついていた頃とは別人になった気分です。

アドラー心理学の事を解説した有名な本「嫌われる勇気」ではないですが、別に人にどう思われようが嫌なやつに嫌われようが自分には全く関係ないんだと思えるようになったのです。

本当に清々しい気分でした。

それ以降は、人の顔色を伺うことはほとんど無くなり、逆に堂々と人とコミュニケーションが取れるようになりました。

本音を言って変な反応があってもほとんど気にしなくなったおかげで、伸び伸びと言いたい事を言えるようになりました。

だから、今では無理に人を追うことはせず、何か人と巡り会う事があれば一歩引いた目線で人との関係を築けるようになったと思います。


フリーな人生さん(51才 男性 沖縄県 自営業)、お悩み解決体験談のご投稿ありがとうございます。

人間関係というものはとても難しいものですよね。
フリーな人生さんが体験談中に例として出している「嫌われる勇気」の著者であるアドラーも「すべての悩みは対人関係の悩みである」と発言しています。
それだけ人間関係というものは人生において重大な問題だといえることなのです。

フリーな人生さんがこの悩みから開放されたきっかけは自営業になったことでしたね。
会社に所属し雇われるという形態から自ら経営をすることで人間関係の悩みを解消することができました。

お金を稼ぐということから人間関係を切ることはできませんが、経営をして自分の力で生活をすることで自信がついたのが大きかったのかもしれません。

自分には魅力がない…そんな自己評価の低い人ほど人間関係に悩みやすいものです。

勉強をしたり、お金を稼いだり、経営者になったりと自分の環境に大きな変化を与えて自信を持つことが人間関係の悩みを解消する一つの手段なのかもしれません。