実家の両親と妻との不仲

閲覧数:346 ビュー 文字数:1619 いいね数:0 0件

40代の会社員男性です。

二年ほど前、我が家に念願の娘が生まれました。

近くに住む妻の両親は、週に何度も娘と遊んだり食事を共にしたりしていますが、私の両親と娘が会ったのは生まれた時に病院で会った一回だけです。

私の両親が二時間ほど離れた郊外に住んでいるのも理由のひとつではありますが、要は、妻が娘を会わせたがらないのです。

私の両親は、郊外にあるマンションに住んでいますが、これは私の名義で購入したマンションで、私がローンを払っています。

これは私の職場の移転の際に、購入したマンションからの通勤は不都合となったために、両親を住まわせているという事情からです。

私の父も、ローンの手助けとなるようにと毎月6万ずつ振り込んでくれますし、自分で仕事も持っています。

それなのに妻は、自分達は狭い借家で節約して頑張っているのに、私の両親だけ苦労もせずに綺麗な新築のマンションに住んでいる、と恨みに思っているようです。

私の両親が、結婚式の費用を300万出してくれた事などをすっかり忘れているのか、

「あなたの両親からは何の援助も受けていない。何の助けにもならない」と、

「仕事をしている父親なら年に一度会わせてもいいけど、母親には会わせたくない」と、

「そんな息子に頼っているばかりのお爺ちゃんお婆ちゃんに会わせると、子育てにもよくない」と言っています。

妻の態度は改善されず、私もだんだん妻と話し合うのが面倒になってきました。

客観的に考えると、妻は単なるわがままで、私の両親を毛嫌いしているだけにすぎません。

妻とは元々価値観も違うし喧嘩ばかりだし、この先やっていけるかどうか不安になりました。

ある日、私の怒りが爆発しました。

私の両親が送ってくれた写真たてを妻が捨てたことが理由です。

この写真たては、両親が出産祝いのために親戚の職人に頼み、オーダーメイドで作り、送ってくれたものでした。

それを妻は、私に断りもなく「インテリアと合わないから」という理由で捨てていたのです。

これにはさすがの私も我慢できず、今後こういう自分勝手なことをされ続けるのかと、ならば結婚生活を続けるのは絶対に無理だと思いました。

私は怒りのままに、今まで口論になるのが面倒で避けてきた事も話しました。

私の両親には会わせずに、自分の両親にばかり会わせていることを詰めよりました。

子供を会わせないのは、そもそも私の両親が気に入らないだけだろうと、「子育てによくない」のは、そんな自分の身勝手な行動を見せることではないかと、

そのまま我を通すならもう、離婚するしかないと言いました。

今まで、どんなにひどい喧嘩をしても「離婚する」とは一度も言ったことはありませんしたが、初めて「離婚」という言葉を口にしました。

妻はいつもの喧嘩の時のように泣き叫ぶかと思いきや、無表情で寝室に入っていきました。

はったりで言ったつもりではなく、もうこのまま離婚をしてもしかたがない、と思っていました。

翌日、離婚についての話し合いがあるかと覚悟していましたが、妻は一言も話さずに過ごし、そのまま一週間が過ぎました。

一週間が過ぎたあと、私は妻に「今後のことを話し合おう」と言うと、妻は泣きはじめ、私に謝りました。

こんなことは初めてでした。

その後、三週間に一回のペースで、私の実家に娘を連れてくることに妻は納得してくれました。

私の両親に対しても柔らかい態度で接してくれるようになりました。

今まで、仕事が忙しいと誤魔化して妻と対話を怠っていたために、妻のわがままが暴走してしまったのかもしれません。

これからは、小さな問題も面倒がらずに話し合いながら進んでいこうと思います。