完璧にしないと気が済まない自分

閲覧数:656 ビュー 文字数:1721 いいね数:0 0件

30歳主婦です。

結婚して3年目。子供はいなくて夫婦共働きです。

私の会社は6時が定時で、30分くらい残業がある程度ではありますが、毎日仕事が詰まっていて忙しいところです。

私は仕事が終わってから駅前のスーパーに駆け込み、夕飯の食材を買ってから家に急いで帰り、夕飯と翌日のお弁当の支度をします。
(朝起きてお弁当を作るのは辛いので、夜に用意して冷蔵庫に入れておくのです)

夫は「そんなに無理しなくていいんだよ」と言いますが、夫が喜ぶ姿を見ると、あまり苦ではありませんでした。

夫を喜ばせたい、というのが理由だと思っていましたが、実は「どんな忙しい時も食事を作るべきである」とか、「仕事しながらも、きちんと家事をこなさなければいけない」、という強迫観念なのではないか、と最近考えるようになりました。

というのは、最近妙に気持ちが落ち込んだり、眠れなかったり、集中力が続かなかったりするようになったからです。

急に胸がドキドキしたりもするようになりました。

これは何らかのストレスが原因だろうな、と思ったので、早めに駅前の心療内科クリニックに行ってみました。

お医者さんに軽めの安定剤と睡眠導入剤を渡されましたが、その前に色んな事を聞かれました。

「今の生活にストレスはあるか?」とか、

「自分のことをどんな性格だと思うか?」とか、

「どのような仕事をしているか」とか、

「毎日の生活スケジュールは」とか、

普段忙しくしていて深く考える事をしない、自分の性質やそのまわりの状況について、実に事細かに聞かれたのです。

どういうわけか、涙が出てきました。

お医者さんに「私はうつ病ですか?」と聞くと、「それほど深刻ではありませんが、睡眠障害は心的なストレスから来てるので、あまり頑張り過ぎないことです」と言われました。

家に帰って夫に報告すると、ものすごく心配そうな顔をされました。

「これから平日無理に食事を作らなくていいから」

と言われ、外食が増えました。

確かに、外食にするとかなり楽にはなりましたが、

「栄養が偏る」とか「経済的に良くない」などと思ってしまう自分がいて、ちょっと後ろめたい気持ちになります。

また、洗濯物が溜まっていくとどうにも気持ちが落ち着かなくなったり、

部屋がちょっと散らかるだけでも、イライラします。

結婚前はいい加減に生活していたのに、このような変わり方をしている自分にも驚きましたが、

とにかく、ちゃんとしないと気が済まない性格なんだと自覚しました。

こういう性格だとうつになる、と聞いたことがあるので、この融通のつかない生真面目さを何とかしたいなと思いました。

そんな折、夫が一週間の出張に出る事になりました。

夫が出がけに「試しに、この一週間、ものすごくだらしなく暮らしてみたら?」と言って出て行きました。

その発想が面白かったので、本当にだらしなく暮らしてみようと思いました。

出したものは出しっぱなし、脱いだら脱ぎっぱなし、食べたものは洗わない。

3日ほど経っただけで、家の中が荒れ果ててきました。

一週間経つと、いつも綺麗な我が家の面影はなく、テレビに出てくるような片付けられないタレントの家のようです。

その酷い状態の家に、夫が帰ってきました。

「そこまですることないだろ」と言われるか、ヒヤヒヤしていましたが、夫は家の中を見るなり、大爆笑して「すごくなったね」と言って、その後笑いながら、二人で片づけました。

何だか、頑なだった自分がほぐれた気がしました。

自分の性格上、どんなときも臨機応変な対応が出来る、というわけではありませんが、

「昨日は忙しかったから、今日は怠ける」

というように、丁度よくいい加減に家事をやれるようになったような気がします。

気真面目過ぎて自分を追い込んでしまう人って結構いると思いますが、私の経験が参考になればと思います。