ストレスフルな状況を改善することができました

閲覧数:309 ビュー 文字数:2710 いいね数:0 0件

ツバミさん(53歳 女性 新潟県 フリーライター)から投稿いただいた「お悩み解決体験談」です。

ツバミさんは長年借金を抱え続けており、副業などを試して解決を試みたもののうまくいかない日々が続いていました。

そんな生活にストレスを感じていたため、実家からお金を借りるものの今度は家族との関係が悪くなってしまいました。

ストレスは限界に達して、ツバミさんは不整脈を発症してしまいます。

さまざまなストレス発散方法を試して、不整脈の改善を試みたものの、うまく行く方法は見つかりませんでした。

そんな生活を続けていたある日、ツバミさんは意外な原因を発見するのです…。

不整脈や健康にお悩みの方、もしかしたら原因は生活でついとってしまうアレかもしれませんよ?

正体はこちらの体験談で確かめてくださいね。


私は長年借金生活を送っていて、そのストレスがかなりありました。

借金を返済するために、副業をやったりしていましたが、仕事も上手く行きませんでした。

実家から借金、しかしそれを機に家族関係が悪化しストレスに…

そんな時、実家からお金を借りることができ、借金の方は完済できました。

しかし、今度は実家との関係が上手く行かなくなってしまいました。

原因は実家からお金を借りていることへの負い目を感じ、以前のように言いたいことが言えなくなってしまいました。

借金を全て実家に返したとしても、実家からお金を借りたと言う負い目が残ってしまいます。

その影響なのか、家族関係も上手く行かなくなってしまい、大きなストレスがかかるような出来事が起こってしまいました。

それを機に私は体調が悪くなり、不整脈が出るようになってしまいました。

医師からは原因が分からないと言われましたが、私は明らかに大きなストレスが原因だと分かっていました。

ストレスが募り心身の調子が崩れる

そこで自分なりにさまざまなストレス解消法を行っていきました。

一時的にはストレスが解消され、スッキリするのですが、またすぐに嫌な気分になってしまいます。

ネガティブ思考が出やすくなり、ちょっとしたことでも気に障るようになりました。

そんな状態だったこともあり、体調を崩しやすかったのだと思います。

不整脈はなかなか改善されませんでした。

根本的な原因が分からないまま数年が経ってしまいました。

自分なりに何とか不整脈を治したいと思ったのですが、良い治療法が見つかりませんでした。

不整脈の原因はストレスではなかった

ある日、カフェインが不整脈に良くない影響を与えていることを知りました。

私はチョコレートが大好きで、特にストレスが多かった時は、かなりの量を食べていました。

コーヒーはそれほど飲んでいませんでしたが、紅茶などの他の飲み物は飲んでいました。

また、気分が乗らない状態の時に家事や仕事をしなければ行けない時は、栄養ドリンクを飲んでいました。

適量を飲んでいましたが、徐々にカフェインの量が蓄積されていったようでした。

そこで、私は思い切って、カフェインを断つことにしました。

カフェイン離脱症状が出るのを知っていたのですが、私も頭痛などの症状が出てしまいました。

とにかく疲労感が強く、頭が痛いので、日常生活もままならない感じでした。

年末から始めたので、幸い仕事への支障はそれほどありませんでした。

それでも家事も最低限しかできずに、家族に手伝ってもらいました。

3日目くらいまではかなり症状が酷かったのですが、それ以降は徐々に改善していきました。

結局1か月くらいはなんとなく体調が優れませんでした。

カフェイン断ちと思考を変えて心身が健康に

その後は体調が回復し、数カ月カフェインを摂らない生活を続けました。

そのおかげなのか、今まであった動機や胸の下の痛みなども無くなりました。

その後、しばらくして再検査をしましたが、不整脈は無く、正常になっていました。

カフェインによる症状は個人差がかなりあるようです。

ですが、私の場合は体質的に出やすいのだと思いました。

カフェインを極力摂らない生活だけで、不整脈を改善できなかったのではないと思っています。

もう一つ実践していたことがありました。

それは思考を変えるということでした。

私は物事を良くない方向に考える癖がありました。

特に状況が悪くなってからは、それが強くなっていたように思います。

ですが、その悪い思考の癖を止め、いつも心地よい気分でいるように努めました。

すると、徐々に周りの状況が良くなっていきました。

お金のことや人間関係も良い方向へ改善していきました。

それでも時々、ネガティブ思考になってしまうことがあります。

以前なら、そのままにしていたので、さらに悪循環に陥っていきました。

ですが、今はすぐに思考を変え、意識して心地よい気分になるようにしています。

おかげで、同じ状況でも前向きに捉えることができるようになりました。

状態としてはいつもポジティブでいるというよりは、ニュートラルな状態に近いのかもしれません。

それでも無理をしないようになり、ストレスはかなり減り、体調も改善してきています。


ツバミさん(53歳 女性 新潟県 フリーライター)、お悩み解決体験談のご投稿ありがとうございます。

ストレスが原因で病気を発症する人はかなり多いと思います。

不整脈という診断が出たときに、ツバキさんは真っ先にストレスが原因だということに気が付き、そのストレスの原因がカフェインだということに気が付きました。

不整脈の原因を自分で見つけ、自分で解決策を導き出したツバキさんはすごいと思います。

ストレスをためないことや生活習慣が病気や体調不良にならないために必要なことになるのだと思います。

そして、ポジティブ思考に変えたことも不整脈を直した大きな要因になったのでしょう。

ネガティブ思考よりも気持ちがだいぶ楽になると思いますし、なによりポジティブに考えたほうが楽しみが増えたりもします。

もしまた体調が悪くなった時、自分で原因を探すことによって何か解決できることがあるかもしれませんね。