ブラック企業で体調とメンタルを壊していた私の体験談

閲覧数:26 ビュー 文字数:2504 いいね数:0 0件

あんずさん(女性 27歳 京都府)から投稿いただいた「お悩み解決体験談」です。

あんずさんの悩みは日々の体調不良でした。

当時勤めていた職場がかなりのブラック企業だったと振り返られています。

朝7時前から出社し、夜12時過ぎまで働くことが常態化していたそうです。

元々温厚で雰囲気が良い性格だったそうですが、この企業で働いている間は真逆で…。

そしてある日病院でお医者さんにあることを言われるのでした。


毎日続く頭痛、倦怠感、顔色の悪さが悩みでした。

その当時はよく分かっていなかったのですが、原因は働いていた会社です。

新卒で入社した会社は、当時地元でも有名なブラック企業でした。

ブラック企業に勤めているせいで体調も精神も悪化していった

朝7時前から出社し、夜12時過ぎまで働くことはよくあることで、休みも月に8日あれば良い方。

繁忙期には20連勤も当たり前で、同僚もみな死んだような顔をして働いていました。

こんな会社で働いていたらいつか体を壊す、絶対にいつか辞めてやると思いながらも、生活のためには働かなければなりません。

嫌々働くというのは思っている以上に負荷がかかるもので、精神的、肉体的なストレスは気づかぬうちにたまる一方でした。

それが毎日の頭痛や倦怠感など、体の不調になって表れていたのです。

その当時は人が変わったように暗かった、と友人が話してくれました。

元来楽観的で周囲を明るくさせたり、落ち着いた雰囲気で周囲を癒すタイプだとよく言われていました。

しかし、ブラック企業にいたころは驚くほど暗く、口を開けば愚痴ばかりいうような真逆の人間になっていたようです。

性格がネガティブになっていると友人に言われ…

自覚は全くなかったのですが、学生から数年来の友人に言われては納得するしかありません。

今思えば、明らかにおかしかった行動や言動はありました。

温厚で気が長い方でしたが、些細なことに腹をたて、不満を口に出したり。

通勤時の車内で涙が止まらなくなり、運転できなくなったり。

夜にふとしたきっかけで涙が止まらず、翌日は腫れあがった目で出勤することも日常茶飯事でした。

体調不良も相まって、そんな自分が大嫌いだと感じてもいました。

解決の方向に向かったきっかけは、皮膚科を受診したことでした。

ある日突然、ゴム手袋を着用すると決まって肘あたりまで赤く腫れあがるようになったのです。

痒くて仕事にならなくなり、受診した皮膚科で「ストレス性の過敏症」と診断されました。

アレルギーテストはほぼ陰性で、思い当たるきっかけが日常生活でのストレスしかなかったのです。

そこで私は、ようやく自分がストレスでおかしくなっていたのだと気づきました。

今だからわかるのですが、追い詰められた人間というものは冷静な判断が出来ません。

病院に行って自分の職場の異常性に気付いた

医師からストレスについて簡単な指導を受けた後、友人に自分の様子を尋ねました。

返ってきた答えは、「今まではっきり言わなかったけど、だいぶおかしいよ」。

そこから友人に相談して、退職までにすべきこと、転職先を探す前にまずやめること、実家を頼ること、などアドバイスを受けました。

私の不調は全て会社のせいなのだから、まず仕事をやめて冷静にならないとまともな判断ができないからまず辞めろと。

今の自分はおかしいと自覚したため、友人のアドバイス通りすぐに退職願を会社に提出しました。

会社を辞めてからは、それまででは考えられなかったほど体調が良くなりました。

体調不良は1週間程度ゆっくり休んだ結果、驚くほどに改善しました。

朝すっきりと目覚めることが出来、体も重くありません。

ブラック企業を辞めたことで将来についても楽観的に考えられるように

深夜まで働かなければならないという気分の重さや、好きなことも満足にできないという不満ももうありませんでした。

将来やお金への不安という新たな悩みはできましたが、気分が晴れやかなせいかアルバイトでもして稼げばいい、と楽観的にとらえることもできるようになっていました。

友人からも元気になって、元に戻ったみたいで嬉しい、やめてくれてありがとうと言われました。

私からしたら、会社を辞めるための後押しをしてくれ、厳しい言葉も使ってくれた友人には頭が上がりません。

まだあの会社で働いていたら、今頃はどうなっていたのだろうと思うとぞっとします。


あんずさん(女性 27歳 京都府)、お悩み解決体験談のご投稿ありがとうございます。

ブラック企業の問題は現代社会で最も深刻な問題の一つです。

何より誰であっても、ブラック企業に就職してしまう危険性があります。

傍から見れば、そんな会社すぐにでも辞めるべき…なのですが、当事者は感覚がマヒしてしまい、辞めるという選択肢が浮かんでこないそうです。

しかし、人間は機械ではないので、ストレスが計り知れないものになったり自律神経が乱れまくって、体調不良や精神障害を引き起こします。

「そういうところにいる場合、早く辞めましょう」というのは簡単ですが、なかなか気づかないもの。

周りの人が言ってあげるのがすごく大切なことです。

人間は精神状態によって、見える世界が大きく違ってきます。

今の時代はもう、決まった幸福等ありません。生活保護を受けながら幸せに暮らしている人も多くいます。

ですから、健全な精神状態で過ごすことを一番に考えて生きていくべきではないかな、と思います。

大丈夫。仕事を辞めても精神さえ元気になってくれば何とかなります。